HOME | 物損事故と人身事故

わたなべ鍼灸整骨院
三位一体のコンセプト

わたなべ鍼灸整骨院
三位一体のコンセプト

 

物損事故と人身事故について
わたなべ鍼灸整骨院

交通事故には人身事故と物損事故の2つがありますが、この両者は同じ事故でも全く性質が異なります。
 
物損事故の場合には、車の破損、ガードレールの大破など物が壊れただけであり、人が関係していないものですが、人身事故は交通事故によって被害者が存在し、その人がケガをする、亡くなるという性質のものです。
 
人がケガをしていれば人身事故、ケガをしていなければ物損事故というのが分かりやすい分け方となっています。実際に交通事故を起こした人は、盛んに物損事故にしようとしますが、それにもまた色々な理由が隠されています。

物損事故で済ませたい加害者側の立場

まずは違反点数の問題です。もし人身事故の場合にはそれだけで違反点数が加算され、免許停止、免許取り消しなどの処分になる恐れがあります。
 
これに飲酒運転などの違反が重なれば、数年間免許を取得することすらできない状態に追い込まれてしまいます。
 
ところが、物を傷つけただけに終われば、その加算がありません。
 
刑罰という観点でも同じであり、物損事故であれば、刑事罰に問われることはありませんが、人を傷つけるような事故だと刑事罰の対象になってしまいます。賠償金に関する問題もあり、どちらで扱われるかは死活問題です。
 
一方、交通事故によってぶつけられてケガをしたにもかかわらず、加害者から頼まれて物損事故にすることを認める人もいます。
 
これは、加害者から事前にお金をもらい、穏便に済ませるよう求められてそれを受諾するようなケースです。
 
被害者としても、面倒なことになるのであれば、ちょっとぶつけられただけだから別に問題はないとそれを受け入れる人がいるのも事実です。
 
そのため、警察への届け出もせず、当事者だけで解決しようとしますが、これが結果として被害者を苦しめることとなります。

人身事故でないと原則、自賠責保険の適用になりません

人身事故ではないため、賠償金は物損に関するものにしか該当せず、自賠責保険を使った治療などは考慮されません。
 
物損事故の場合は、前橋市、前橋大島駅の近くにある、前橋のわたなべ鍼灸整骨院などの整骨院で治療を受けたとしても、その治療代を請求することができません。
 
また、人身事故ではないため、自賠責保険が下りず、万が一後遺障害が残ってしまったとしても何の補償もなく、取り返しのつかないことになってしまう恐れがあります。
 
人身事故への切り替えをしようにも、物損では実況見分も簡単なものになってしまうため、切り替えようにも証拠が少なくてどうしようもないことも考えられます。
 
人身事故への切り替えをする場合には、しっかりとした弁護士に依頼を出すことが大事ですが、簡単に加害者の言うことに乗っからないこと、そして、当事者同士で決めないことが重要です。
 
また、警察への届け出を行い、判断をしてもらうことも必要です。
 
人身事故への切り替えをするとなると、当事者間では話し合いにならず、争いが長期化することもあります。
 
面倒なことを避けたいというのであれば、第三者を介入させることが大事であり、加害者の事情などは考えず、主張をすることが大事です。

前橋わたなべ鍼灸整骨院へのアクセス


前橋大島駅×接骨・整骨部門
前橋大島駅×整体部門
前橋大島駅×鍼灸部門