HOME | 後遺症と後遺障害の違い

わたなべ鍼灸整骨院
三位一体のコンセプト

わたなべ鍼灸整骨院
三位一体のコンセプト

 

後遺症と後遺障害の違い
わたなべ鍼灸整骨院

交通事故に遭われた場合などでは、場合によっては後遺症後遺障害が残ってしまうこともあります。
 
似たようなイメージで用いられる言葉ではありますが、この両者は実は似て非なるものです。
 
その違いはしっかりと把握しておいたほうが好ましいですから、この機に詳しく確かめてみましょう。
 
まず、後遺症あるいは後遺障害は、怪我を負ったりダメージを追った際の急性症状が治癒しても、回復しない何らかの症状が見られるというものです。
 
例えば、車で追突されてた際に、急性症状としてむちうちが現れ、それは治ったけれど、その後に痺れや機能障害などが現れたら、それが後遺症、後遺障害として扱われるということになります。
 
では、後遺症と後遺障害の違いは、どこかについてです。
 
先程のむちうちの例で言いますと、痺れや機能障害が残っている場合は、後遺症として扱われます。
 
更に、この痺れや機能障害と言った症状が、将来にわたって回復の見込みがなく、且つ、定められた一定の条件をみたすものが、後遺障害として認定されます。
 
つまり
色々とある後遺症のうち、回復が見込めず、且つ、一定条件を満たしたものが、後遺障害として認められるわけです。

後遺障害が認定される条件

次に、後遺障害に認定される条件です。
 
これは、精神的や肉体的にダメージを負った後、それが症状固定されて治る見込みがなく、それが、事故と相当の因果関係があり、医学的に証明されるもの。
 
加えて、労働能力の低下が認められ、保険等級認定されるものである場合は、認定がされるとなっています。
 
この後遺障害に認定されることで、労働力の低下が証明され、それに対して損失を補償すると言う形で、保証金が支払われるということになります。
 
この両者の違いは、こう言った部分で差として表面化するので、ちょっとした違いに見えても、実は、この違いは重要なものです。
 
事故に遭われてしまった場合には、こういった部分についても把握しておくことで、保険の仕組みがわかりやすくなるかもしれません。
 
事故後の保険関係の処理については、治療費の支払いなどで何かとトラブルになるので、注意が欠かせません。
 
場合によっては、相手が不誠実な態度を取ることもありますので、そういう時には弁護士にもしっかり相談しながら、対応していくことがおすすめです。
 
相手が何とか誤魔化そうとしたり、逃げ得を目論んだりするかも知れませんが、そう言う時には弁護士を味方につけましょう。
 
もし、こう言った事故後の後遺症などでお悩みの場合には、前橋のわたなべ鍼灸整骨院を利用してみると良いでしょう。
 
前橋わたなべ鍼灸整骨院は前橋市富士見町にある整骨院で、交通事故治療や腰痛整体などを得意としています。
 
もちろん、交通事故によるむちうちなどの症状にも、ご利用可能です。
 
アクセスは前橋大島駅から徒歩あるいは車でもお越しになれます。
 
交通事故後の痺れや痛み、力が入りにくいなどのトラブルは、病院では治療の術が無いと言う場合もありますが、前橋わたなべ鍼灸整骨院ではそう言った症状にも対応し、治療を目指していくことが出来ます。
 
事故後に辛い症状でお悩みの場合、気軽に前橋のわたなべ鍼灸整骨院までご相談ください。

前橋わたなべ鍼灸整骨院へのアクセス


前橋大島駅×接骨・整骨部門
前橋大島駅×整体部門
前橋大島駅×鍼灸部門