先着30名限定のキャンペーン!

 【ご予約はお早めに】先着30名限定のキャンペーン!

HOME | ストレートネック

わたなべ鍼灸整骨院
三位一体のコンセプト

わたなべ鍼灸整骨院
三位一体のコンセプト

 

ストレートネックによる肩こりなら
わたなべ鍼灸整骨院

コンピュータが職場などに普及し始めた頃からじわじわと耳にする機会が増え、スマートフォンを一人一台持つようになった頃にはすっかり耳馴染みがある病名として認知されるようになったのがストレートネックです。

実際に前橋市の前橋大島駅にある前橋のわたなべ鍼灸整骨院でもストレートネックと診断される方が後を絶たない上に、驚くのはこれまでは整骨院とは無縁だったような若い世代が急増していることです。

首の角度を見れば身体や首などに触れることなく、前橋のわたなべ鍼灸整骨院に足を踏み入れた瞬間からストレートネックだとわかるほどであり、その理由は独特な猫背になっているためです。

ストレートネックについて

そもそも、人体の首というのは真っ直ぐであるのは不調を招く起因になり、健康的なのは頚椎が30度から40度程度にカーブを描いている様子です。

頭部は自身が想像しているよりも重量感があるのですが、難なく支えられているのは程よく湾曲しているからこそであり、だからこそ何らかの衝撃が起こってもショックが吸収できるのです。

一方、30度以下の角度になってしまえば名称からもわかるように真っ直ぐになってしまっているので、頭部を支えるために首に対して不必要な負担がのしかかってしまいます。
この様子が長続きしてしまえば全身のあらゆる所に不調が起こってしまい、慢性的な頭痛が続いてしまったり肩こりによる吐き気も覚えることがあるほどです。

やはり、ストレートネックはパソコンを使った長時間に及ぶデスクワークやプライベートやビジネスで何度も使うスマートフォンとの関わりが深く、共通項はどちらも下向きで画面を見下ろすようにする姿勢です。

ディスプレイを眺めつつ、長い間作業に没頭していると眼精疲労によって肩こりが起こると考えられているのですが、実は根本的な起因としてはストレートネックにあるので、たとえ湿布薬などを貼り付けても一時しのぎにしかならないのです。

もちろん、他にも生じさせるきっかけはあり、IT関連に次いで多いのはバレエやダンスの指導をしている方や趣味で楽しんでいる方です。
身体を激しく動かして飛び回るような動作を繰り返せば、着地の度に頚椎にダメージが加えられますし、少しでも和らげようとする防衛本能によって絶え間なく首の筋肉に力が入り首こりにもなります。

少しでも自分で猫背気味になっていると感じたなら、すぐに整骨院に行き整体師に施術を依頼するのが良いですが、とりあえずセルフチェックしてみたいという方は壁が一枚あるだけで簡単にチェックできます。

まず壁を背にして直立し踵から後頭部までまんべんなく設置するか確かめてみることになりますが、無問題なら全ての点がしっかりと接地されます。

しかし、ストレートネックが発症しているとどこか一部が壁面につかないですし、中でも多いのは肩が浮いてしまうことです。

身体からの不調を見逃さないように意識を持ち続け、猫背になっていたら意識的に姿勢を戻し、着座する時は臀部の下にクッションなどを挟みましょう。

前橋わたなべ鍼灸整骨院へのアクセス


前橋大島駅×接骨・整骨部門
前橋大島駅×整体部門
前橋大島駅×鍼灸部門